初心者のため3つのポイント
投資対象 初心者は、テーマ株、ベンチャー株、急騰銘柄をさけましょう。
あまり値動きはなく面白みに欠けますが、堅実銘柄(優良企業:安定成長企業)を買いましょう。
 
株は安いところで
買いましょう
安値圏は、優良企業「安定成長企業」を安く買うために合理的根拠に基づいて算出した価格です。
会社四季報からピックアップしたいくつかの数値により、「安値圏」を算出できます。
少額投資 例えば1株当り3,000円の場合、100株単位の買付ですと買付金額は30万円ですが(通常の買付)、ミニ株ですと3万円、1株ですと3,000円と少額投資になります。

目標利回り、銘柄検討シート
目標利回り 投資の目標利回りは、年3~6%(配当利回り2% + 値上り益(1~4%))程度を目指します。
銘柄選定と買値検討の実際 堅実銘柄を安く買う方法を説明します。
「銘柄検討シート」を用いて銘柄選定や株式を安く買う方法「安値圏」は、会社四季報のデータをピックアップするだけで簡単に算出できます。

株式投資で良い結果がでない方
株式投資で良い結果が出ない方 株式投資で良い結果がでていない方もご参加ください、投資の基礎が再確認できます。
「銘柄検討シート」は幾つかの証券会社の若手証券員等により実証・活用されています。
ネット証券で高値で購入された方 例えば、手数料が安い、手軽との理由でネット証券会社に発注される方がいらっしゃいます。
しかしその中には、株式投資の基礎も理解されずに、雑誌の注目銘柄を購入されその結果、高いところで株式を購入される方がいらっしゃるようです。 株式の基本を学びリスクを小さくしましょう。




TOP  次は「株式投資を学びたい方に(大学生の方)」