「はじめての株式投資」表紙写真 
銀行・証券会社等で評価の高い出版社「きんざい」から株式投資入門書を出すことができました。同出版社は、特に銀行の利用する書籍ではトップの会社ですが、その同社初の個人向け株式投資の書籍です。「これから株式投資を始めるすべての人に贈る投資の教科書」です。

はじめての株式投資-優良企業のシンプルな選び方

   著者 : 若葉マークの株式投資代表 福沢隆雄

【3つのポイント】
 ・安定成長企業を見極める
 ・「安値圏」で買う
 ・中長期(3~5年)保有する

【本の内容】
 ・株式投資は儲かるか
 ・株式配当と株主優待
 ・投資のリスクと対処
 ・失敗の事例
 ・優良企業(安定成長企業)への投資
 ・株は「安値圏」で買う
 ・得意銘柄を作りましょう(先ず1銘柄、最大5銘柄)
 ・分散投資の勧め
 ・証券会社の選び方
 ・注文の出し方と取引記録
 ・NISA / 税金
 ・会社四季報の見方 / Yahooファイアナンスの見方
 ・株価変動に強くなる
 ・投資の心理学
 ・付録 : 投資ノート (銘柄検討シート:銘柄選定・買値検討・買付後の記録)
  購入サイトへ飛ぶ 
Amazon に
切り替わります
A5判・160ページ ・ 定価1,600円 [税別]

販売 : 「きんざい」 取扱店 アマゾン 

 「はじめての株式投資」広告写真
TOP 戻る 次は「若葉マークの株式投資の思い」 次へ進む